七浦っ子の活躍

七浦の子どもたちのために教師も腕を磨いています。

「数学的な見方・考え方を働かせる子の育成」
 これは、今年度の本校の職員研修の主題です。本校では、毎年度、児童の学力実態をもとに全教職員で話し合い、このように研究主題を設け、授業研究会を行い、教師の授業改善に努めています。
 今年度も授業研究会が始まりました。授業研究会とは、教師の資質の向上のために、校内の教師が参観し合ったり授業記録をとったりして、それをもとに協議会を行い、互いの指導技術を高め合うことです。トップバッターとして、3年生中村先生、続いて6年生加藤先生の授業研究会を行いました。七浦の子どもたちのために教師も腕を磨いていきます。



「外国語」で学校行事を紹介しました。

 本年度より、5・6年生で「外国語」が教科化されました。7月14日(火)に外国語の時間に、 「This is our school(私たちの学校)」の単元で、5・6年生が、1年生に学校行事の様子を英語で紹介しました。1年生は、英語を話す先輩を“あこがれのまなざし”で見つめていました。
 また、日本語訳で理解することができ、2学期以降の学校行事に期待を膨らませていた様子でした。1年生も「Thank you(ありがとう)」と英語でお礼を言うことができました。



「学習参観」「引き渡し訓練」を行いました。

 6月18日(木)に今年度初めての学習参観が行われました。子どもたちが喜々として学ぶ姿が各教室で見られました。
 また、新潟・山形地震の発生からちょうど1年となる18日、地震を想定した保護者等への引き渡し訓練を実施しました。保護者様等からご協力をいただき、引き渡しカードを使い、全校児童の引き渡しが確実に完了することができました。
「災害は忘れた頃にやってくる」と言われています。「自分の命は自分で守る。隣の人の命を大切にする。」という意識をもって、災害に備えたいものです。



学校運営協議会を行いました。

 6月18日(木)、今年度初めての「学校運営協議会」が開催されました。
 学校・家庭・地域社会が一体となって七浦小学校の子どもたち、地域の人たちに何ができるかといった視点で話合いが深まりました。



地域で学ぶ子どもたち

 5月26日(火)には、3・4年生が、6月22日(月)には、5・6年生が、総合的な学習の時間に、稲鯨漁港の「惣鳳丸」さんを訪れ、サザエの網外し体験を行いました。
 また、6月8日(月)には、漁師さんのお話を聞きに「むつ丸」さんの見学、6月11日(木)には稲鯨の「新屋」さんで、いかさき体験をさせていただきました。
 毎回、岩本地域コーディネーターに同行していただき、地域の魅力を体感しています。



1年生が交通安全教室を行いました。

 臨時休業により延期されていましたが、新しい学校生活の始まりにあたり、交通事故の未然防止をねらいに、1年生が交通安全教室を実施しました。
 5月15日(金)佐渡警察署橘駐在所長よりいただいた交通安全についてのリーフレットを参考に、主に学校のまわりの安全な歩行の仕方を学びました。各家庭におかれましても、交通安全について一層の言葉掛けをしていただき、学校と家庭が一体となった事故防止に努めていきましょう。

 

JRC(青少年赤十字)登録式を行いました。

 5月12日(火)校内放送によるJRC登録式を行いました。登録式では、「わたくしは、青少年赤十字の一員として、心身を強健にし、人のためと郷土社会のため、国家と社会のためにつくすことをちかいます」と誓いました。
 青少年赤十字加盟校である本校は、「気づき・考え・実行する」の精神を大切に、年間をとおしてボランティア活動に取り組んでいます。1年生も新たにメンバーに加わり、今年度の活動がスタートしました。

 

「橘田んぼの学校」の田植えが行われました。

 5月11日(月)「橘田んぼの学校」の田植えが行われました。今年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、残念ながら、児童の参加は叶いませんでしたが、今年度も田んぼを活用して、様々な学習活動を展開していきたいと考えています。田植えをしてくださった地域の皆様、ありがとうございました。

 

児童会活動 各委員長任命式を行いました。

 4月7日(火)に児童会活動の各委員長任命式を行いました。6年生4人がそれぞれ、総務・JRC委員長、図書・環境委員長、広報委員長、保健体育委員長に任命されました。

 校長先生から任命書を授与された後、4人の委員長が、それぞれ、活動計画やがんばりたいことを全校児童に発表しました。

 児童会活動をとおして、学校生活づくりに参画し,自主的,実践的な態度が育ってほしいと思います。6年生のみなさん、七浦小学校をよろしくお願いします。